Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

【初心者でも強くなる7つのコツ】卓球の試合で勝つための方法を全国大会経験者が解説

中学や高校の部活動で卓球を始める人が多いのではないでしょうか。

僕も中学から卓球を始めた1人です。誰もが思うことを、当然僕も思っていました。

  • 上手くなりたい。
  • 試合で勝つのって難しい。
  • どうすれば勝てるのかわからない。
他にもこんな悩みが……
  • 頑張って練習しているのに勝てない
  • 同じ時期に始めたのに差が開いている気がする
  • 自分には才能がないから仕方がない

試合で負けるたびに、こんな風に落ち込んでいませんか?

実は、がむしゃらに練習するだけでは勝てません。

今回は、卓球初心者のために試合で勝つためにやるべきことを7つ解説します。

次の7つです。

  1. 卓球ノートを書く
  2. 3球目まで意識したサーブを練習する
  3. レシーブの返球率を上げる
  4. 切れたツッツキを習得する
  5. 3球目攻撃を徹底的に練習する
  6. 試合中の考え方を身に付ける
  7. 負けた試合を分析する

僕は中学校から卓球を始めました。

身長が低く、どちらかといえば運動能力が低い僕ですが、中学で全国大会に出場した経験があります。

それは練習の質を高めて、試合で勝つための練習をしていたからです。

この記事を読むと、練習の質が上がります。勝つために必要なことがわかります。

日々小さな目標を立てて練習することで、練習の質も高くなります。

練習の意識を変え、短時間で質の高い練習ができるよう参考にしてください。

スポンサーリンク
目次

【試合で勝つコツ①】卓球ノートを書くことが一番の近道

まとめポイント
  • 自分の状態を記録することで良い状態を保つ
  • 人間は忘れる生き物。定期的にノートを見返そう
  • 学生時代は同じ人と試合する機会が多い
  • 情報こそ最大の武器

卓球ノートを書くことは、試合に繋がらないと考えていませんか?

地味なことですが、卓球ノートを書くことが強くなる近道と言えます。

なぜなら人間は忘れる生き物だからです。

卓球ノートには練習で上手くいったことを書く

どれだけ記憶力のいい人でも全てを覚えることはできません。

だからこそ卓球ノートに残しておきましょう。

勉強と同じです。書くことで復習になり、より記憶に定着します。

卓球ノートに書く項目の例
  • 日々の練習で上手くいったこと
  • できなかったこと
  • 練習試合で分かったこと
  • 指導者からのアドバイス

残しておくと、いつでも振り返ることができますよね。

また、今日できたプレーが明日になるとできない。という経験はありませんか?

まぐれ、というやつです。

練習していたらまぐれは起こります。

しかしまぐれはまぐれです

その瞬間しかできなくて、身に付いていません。

だからこそ上手くいった部分を卓球ノートに書いて残しておきましょう。

次に上手くいかなかった時、自分が意識していた部分を思い出すことができます。

そうすると、同じプレーを繰り返しできるようになります。

上手くいった部分を書き残しておくことで、同じ動き・同じプレーを再現しやすくなります!

試合相手のデータを集めることで試合を有利に進められる

学生の試合では、都道府県内や市内など、ある程度対戦校・相手が決まっています。

中学・高校3年間では一度対戦した人と繰り返し戦うことになるでしょう。

だからこそ、一度対戦した人のデータはしっかりと残しておきましょう。

卓球ノートに書くべきデータの例
  • 相手のラバー
  • どこが得意か
  • どこが苦手か
  • どうやって点を取って、相手に取られたか
  • どんなサーブを打ってくるか

この辺りを残しておくと、次の対戦で楽になります。

勿論、自分が上手くなるように、相手も上手くなっています。

データと全く同じ、成長の止まった人はいません。

ですが、苦手な技術がすぐに上手くなりますか?

苦手の克服は時間がかかりますよね。

データを残しておき、相手の弱点を攻めましょう。

最初から上手くはいきませんが、卓球ノートを継続して書くことで、考えることが習慣化されます。

考える人は必ず強くなれます。

卓球ノートの書くべき内容を他にも知りたい、という人はこちらの記事も参考にしてください。

【卓球初心者向け】強くなるために書くべき卓球ノートの項目5選

【試合で勝つコツ②】3球目まで意識したサーブ練習をする

まとめポイント
  • サーブは相手の影響を受けない唯一の攻撃であることを自覚する
  • サーブの良し悪しでその後の展開が決定する
  • 単純な練習をせず、3球目まで意識してサーブ練習をする

卓球の様々なプレーの中で一番の攻撃は何か。

絶対にサーブです。

サーブだけが唯一、相手の影響を受けない攻撃なのです。

それは卓球のルール面から見ても明らかです。

サーブに関するルールの一例
  • トスを15cm以上上げないといけない
  • トスは真っ直ぐ上げなければならない
  • トスは台より上から上げる
  • 打球の瞬間を隠してはいけない

これはほんの一部ですが、サーブだけがやたら制限を受けています。

ドライブを打つのにここまで制限はありませんよね。

この事からも、卓球で勝つ上でサーブが鍵を握っていることは言うまでもありません。

悪いサーブは、最悪レシーブで強打されます。

逆にサーブがいいと、その後の展開が圧倒的に楽です。

サービスエースは最も効率のいい得点ですね。

サーブ練習に時間を使うことをお勧めします。

卓くん

なるほど!
サーブ練習には時間を使わないといけないんだね。
よーしっ、練習するぞ!

サーブの重要性を理解してもらったうえで、サーブ練習のコツをお伝えします。

サーブ練習をする時のコツ

注意するポイント
  • サーブの回転量は多いほどいい
  • サーブのスピードは妥協しない
  • ネットからどれくらい高いかを確認する
  • 相手コートのどこに落ちているか、的を使って確認する
  • 短いサーブと長いサーブを同じフォームで出す
  • どんな3球目を打ちたいのかまで考えてサーブ練習をする

最低限これらを意識して練習してください。

もっとレベルが上がってくれば、試合での具体的な状況を想像しながら練習してみてください。

ダラダラと練習せず、質を高めていくことが重要です。

またサーブ練習をする時は、必ずその後の展開を考えて練習しましょう。

具体的には、サーブ後の3球目攻撃は必ず考えておきましょう。

サービスエースを狙うサーブを練習することも大切ですが、最低限3球目攻撃まで展開を考えておけば、レシーブが返ってきた時に焦りません。

サーブは重要の技術なので、詳しい解説記事を作りました。

今から使える練習メニューやサーブを解説しているので、こちらも参考にしてください。

【卓球初心者向け】全国大会でも通用するサーブを身に付けるための練習ポイント5選

【試合で勝つコツ③】レシーブは「返す」ことを一番に考える

まとめポイント
  • ミスしないことを一番に考える
  • 難しい技術は二の次
  • 返せば相手がミスする可能性もある
  • 相手サーブ2本の内1本を取る、という気持ちでレシーブに入る

サーブが一番の攻撃であることをお伝えしました。

ですがそれは相手にも言えること。

相手もサーブが一番強い攻撃です。

ラリー中のボールはさほど怖くありません。

なぜなら、打球は予想することができます。

ドライブのスイングで下回転を打てる人は、ほどんどいません。

ですがサーブに関しては

  • どこに打たれるのか
  • どんな回転を出されるのか
  • 自分はどのレシーブをすればいいのか

その判断がつかないので難しいんです。

レシーブで最も大切なことはたった1つです。

ミスをしない。これが全てです。

全てのレシーブは、この「ミスしない」ことを前提にしています。

レシーブをミスするとそこでラリーが終わってしまいます。

まずは自分がミスしないことを第一に考えましょう。

そうすることで相手がミスするかもしれません。

凄いレシーブを決めても1点。相手がミスをしても1点。

同じ1点です。無茶して失点するよりも、計画的に・相手を分析しながら失点しましょう。

初ちゃん

でも強い人は難しいレシーブをしているよ!
レシーブから攻めないと勝てないよ!

そんな風に考えている人もいるでしょうが、正解です!

ですが、一度落ち着きましょう。

レシーブからの攻めは必要です。

ですが何事も基本が大切。

難しいサーブがきた時は無理せず入れることに専念しましょう。

初心者が知っておくべきレシーブのコツ

注意するポイント
  • とにかくラケットに当てる。空振りしない
  • 色々な回転に対して返球できるラケットの角度を知っておく
  • とにかく相手コートに入れることを意識する
  • 難しいことをせず、最初はツッツキでOK
  • 入るようになってきたらコースを狙う

レシーブの基本はこの5点です。

とにかく返すことが重要です。

レシーブは難しいプレーです。まずは自分のハードルを下げましょう。

ミスした時に考えがちなこと
  • 相手に3球目を打たれた
  • チャンスボールになった
  • レシーブでドライブできない

まずはレシーブできているだけでOKです。

そんな風に考え方を変えてみましょう。それだけで試合が楽になります。

次から、返球するためのポイントを2つ解説します。

空振りしないことに注力

最も初歩的な話ですが、空振りに気を付けてください。

とにかくラケットに当てましょう。当てるだけで返せる場合もあります。

サーブをどこに出そうとしているのか、相手サーブのインパクト(当たる瞬間)をよく見て判断してください。

急に軌道が90°変わったり、遅いサーブが急に速くなったりはしません。

どれだけ早いサーブでもスマッシュよりは遅いんです。

ラケットに当てること自体はそう難しいことではありません。

回転に対して返球できる角度を知る

ラケットに当てることができれば、次は相手コートに返すことを考えましょう。

サーブは様々な回転をかけることができます。

ですが、その種類が無限にあるわけではありません。

  • 上回転
  • 下回転
  • 右横回転
  • 左横回転
  • 無回転

大きく分類すればこの5つです。

実際のサーブの場合

「横回転が強い上回転」

「下回転が強い横回転」

というように、純粋な回転であることは稀です。

無回転も、完全に回転していないわけではなく、緩い上回転や下回転がかかっています。

最初はツッツキで十分です。

上回転であれば球が上に、横回転であれば球が横に飛んでいきます。

相手の回転に対して、どの角度でラケットを当てれば真っ直ぐ飛んでいくのかを知ることが大切です。

打球後、どっちに飛ぶか理解しよう。

コントロールできない人は、相手のサーブの回転に対して何も考えずフリックをしたりドライブをしたりします。

それってただの無謀なんです。

どの角度で当たればどう飛んでいくかも分からずに打つのは、調味料の味を知らずにいきなり料理するのと同じです。

塩を入れればどんな味になるのか。

醤油を入れればどんな色になるのか。

砂糖は? お酢は? 味噌は?

それらを知らずに、料理の完成形だけを見ていきなり作り始めると悲惨なことになりますよね。 

仮に上手く作れたとしても、違う食材で同じ料理が作れるでしょうか?

卓球も同じです。

大切なことは様々な回転に対して適切な角度を知っておくことです。

料理を勉強すると「もう少し味を足したいな」と思った時にどの調味料を入れれば分かるようになりますよね。

卓球も同じです。

「もう少しバック寄りに返したいな」

「もう少し低く返したいな」

と思った時に、コントロールするための角度を知っておけば、自分で調節することができます。

【試合で勝つコツ④】切れたツッツキを習得する

まとめポイント
  • 切れたツッツキはそれ自体が攻撃になる
  • 打たれてもブロックしやすくなる
  • ツッツキが切れるとサーブも切れる
初ちゃん

ツッツキ?
もう完璧にマスターしたよ!

そんな人ほど要注意です。

ツッツキを疎かにする人は、ツッツキで泣くことになります。

ツッツキは繋ぐための技術です。

ですが、ツッツキは単に繋ぐだけの技術ではないんです。

入れるだけのツッツキはツッツキ練習とは言いません。

まず大切なことは「下回転を切ること」です。

これさえ習得することが出来れば、中級者への道を一歩踏み出したと言ってもいいと思います。

普段の練習から切れたツッツキの練習をしておかないと、いざ試合になった時にできません。

10-10のような緊張する場面では尚更です。

普段いい加減なツッツキ練習をしている人いますよね。

そんな人が試合の終盤で急に高度なツッツキができるようになるわけがありません。

普段の何気ないツッツキラリーの時から常に切ることを意識してください。

ツッツキが切れると初心者にはまず負けなくなります。

卓球は相手と同じ回転で返球する方が簡単なスポーツだからです。

上回転を上回転で返す。

下回転を下回転で返す。

このように同じ回転で返す方が圧倒的に簡単です。

切れた下回転ツッツキができるだけで、初心者は手も足も出ない。

切れたツッツキを練習で打っていない中級者相手にもミスを誘うことができる。

ツッツキ自体が攻撃となります。

しかもツッツキが切れていることで、相手から思いっきり攻撃されることが少なくなります。

後程詳しく解説しますが、ツッツキが切れているとブロックがしやすくなります。

どんなプレーでも言えますが、ミスそのものよりも、ミスに至る過程の方が重要です。

ツッツキの良し悪しが試合を大きく左右するといっても過言ではありません。

しかし切れたツッツキができないうちは勝てないのかと思ったあなた。

そんなことはありません。

切れたツッツキがまだできない人は、相手コートに低く・深くツッツキしましょう。

中途半端にならず、エンドラインに届くほどの長さを意識します。

それだけで相手は全力で打つことができません。

深いツッツキを打つのは案外難しいんです。

試合中に入れるだけしかできない時は、意識して長くツッツキしてみてください

【試合で勝つコツ⑤】3球目攻撃を徹底的に練習する

まとめポイント
  • 相手がブロックしかできないくらいの攻撃を練習する
  • 多球練習でコースを狙えるよう練習する
  • 3球目以降のラリーは気にし過ぎない

初心者の内はついつい格好いいラリーに憧れてしまいがちです。

僕はドライブマンでしたが、中~後陣でのドライブの引き合いにとても憧れていました。

僕は背が低いので、前陣でのドライブが主体だったからです。

後ろから打つパワーもなかったので、ドライブの引き合いなどめちゃくちゃ憧れました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる