Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

Tリーグを徹底解説~チーム・選手・試合観戦について~【卓球を知らなくてもわかる】

2018年から開幕したTリーグ。

卓球の魅力がたくさん詰まったリーグです。

でもTリーグを、プロ野球やJリーグのような単なる卓球のプロ化だと思っていませんか?

実はTリーグは「プロ選手の試合を観戦できる」だけのものではありません。

初心者から中級者・上級者に至るまで、自分たちも参加できる一大プロジェクトなのです。

今回は、これからさらに発展していくTリーグについて解説します。

この記事を読めば、過去だけでなく、未来まで、Tリーグの全てがわかります。

自分がリーグに参加できるようになる前に、Tリーグについて知っておきましょう。

キャプション

解説の前に注意点が1つあります。

現在行われているプロ選手が行う試合の正式名称は「Tプレミアリーグ」といいます。

Tリーグとはリーグ全体のことを指す名称です。

しかしこの記事内では、Tプレミアリーグのことを一般的に呼ばれる「Tリーグ」と呼称して解説しています。

あらかじめご了承下さい。

スポンサーリンク
目次

Tリーグとは日本にある卓球リーグの1つ

Tリーグとは日本にある卓球リーグの1つです。

日本国内には、Tリーグの他に「日本卓球リーグ」や「関東学生卓球リーグ」などの複数の卓球リーグが存在します。

日本国内だけでなく、海外でも多くのリーグが存在します。

Tリーグはその中で世界一の卓球リーグを目指しています。

次の3つがTリーグの理念です。

  • 世界NO.1の卓球リーグを実現する
  • 卓球のスポーツビジネス価値を高める
  • 卓球を通じて人生を豊かにする

3つの理念実現を目指して、日本卓球協会をはじめとした各関係団体と議論を重ねています。

プロ野球やJリーグは、私たち一般人は観戦するだけですよね。

でもTリーグは違います!

  • 世界トップレベルの競技をできる・観戦できる(上級者~初心者向け)
  • 身近なところで気軽に参加し楽しめる(初心者向け)

それぞれの競技志向に合った活動の場と、上を目指せる仕組みが整備された状況を目指しています。

卓球のプロリーグができた!というだけではないんです。

Tリーグのこの形態は、ドイツの卓球リーグを参考に作られています。

ドイツでは1部から16部までレベルごとに分けられたピラミッド型のリーグになっています。

この中で1部・2部が「ブンデスリーガ」と呼ばれ、ドイツ国内のみならず、日本を含む多くの海外選手が参戦しています。

現在トップ選手らにて試合が行われているTプレミアリーグを1部リーグとして、今後2部のT1リーグ・3部のT2リーグが新設される予定です。

つまりTリーグは、観戦するだけでなく、自分も参加できるリーグなのです。

今後のTリーグにも目が離せません!

まとめると

  • Tリーグは日本にある卓球リーグの一つ
  • Tリーグは世界で活躍する選手の試合が観れる
  • Tリーグ構想の目指すところは、プロリーグ化だけでなく初心者から上級者まで参加できるリーグになること

Tリーグそのものについて理解していただけましたか?

それでは、現在行われているTリーグについても解説していきます。

Tリーグは団体戦。独自ルールや出場選手の規定あり

Tリーグは団体戦を行う。

Tリーグの試合は、1ダブルス・3シングルスの団体戦です。

最初にダブルス。続いてシングルスを3本の計4マッチ(Tリーグでは、試合のことをマッチと呼びます)行われます。

Tリーグの特徴は、団体戦の勝敗に関わらず、試合を最後まで行うことです。

なぜなら、それがリーグ順位に関係するからです。

こちらについては後程詳しく説明します。

さて、団体戦は4本勝負なので2-2になる場合もあります。

結果が2-2になった場合のみ、最後にビクトリーマッチという1ゲーム先取のシングルスを行い決着をつけます。

1ゲームマッチの試合はあまり見ませんよね?

非常に緊張感があります。

ビクトリーマッチに関してはTリーグ公式YouTubeチャンネルでも一部公開されているので、そちらで観ることもできます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる