Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

【知らないうちに違反してるかも!】卓球初心者が注意するべきサーブのルール

こんにちは。ヒッシです。

卓球初心者の皆さん、サーブの練習をしていますか?

サーブは一番の攻撃になるので必ず練習してください。

でもその前に!

サーブのルールは理解していますか?

ひょっとしたら知らないうちにルール違反をしているかもしれませんよ。

試合中に注意されても急に直すことはできません。

ルールを確認し、余計な不安を取り除いておきましょう!

今回のポイント
  • サーブを出す前は制止する
  • ラケットを持たない側の手の平を広げてボールを置く
  • トスは台よりボールを下げない
  • ボールを16cm以上、回転をかけずに真っ直ぐ上げる
  • トスしたボールが落ちる途中で打つ(空振りは失点)
  • 台上でサーブを打たない
  • エンドラインより中に入らない
  • 腕や体で打つ瞬間を隠さない
  • 自分コートに1バウンドさせてから相手コートに入れる
  • ダブルスでは自分コートの右半面からサーブを出し、対角線の相手コート半面に入れる(ライン上はOK)
初心者の卓くん

うぅ……。細かいルールがたくさんあるね……

ヒッシ

大丈夫!
図や写真を付けて分かりやすく説明していくよ!

卓球を初めて知った、という方はこちらの記事を先にお読みください。

卓球とは、という疑問を解決できるよう解説しています。

【超初心者向け】誰でもわかる!卓球のルールを一から解説

この記事を書いた人
  • 中学生から卓球を始める
  • 中学で全国大会、高校で近畿大会に出場
  • 母校でコーチ経験もあり
スポンサーリンク
目次

サーブを出す前は制止する

サーブを出す前は必ず制止してください。

学生の試合では後ろに逸らしたボールを自分で取りに行きます。

その時に、台に戻ってきて制止せず、すぐにサーブを出す人がいます。

これはルール違犯なのでやめましょう。

細かいルールですが、試合を勝ち進むにつれてこういう細かいルールを指摘されます。

サーブを出す前は、トスを上げる前のボールも含めて意識的に制止するよう心がけましょう。

ラケットを持たない側の手の平を広げてボールを置く

トスを上げる前はボールを制止させます。

この時手の平にボールを置きますが、ここで注意です。

よくやりがちなんですが、手を丸めてボールを固定してはいけません。

手のひらを丸める

しっかりと手を開いて、手のひらの真ん中に置きましょう。

手のひらを広げる

手を丸めていると、トスを真っ直ぐ上げにくくなります。

無意識で丸めている人は手の平を広げる習慣をつけましょう。

トスは台よりボールを下げない

トスを上げる時には、台より下にボールを下げないように注意してください。

初心者は、トスを高く上げようと腕を下げて反動をつけたくなります。

ですが台より下にボールを下げることも違犯です。

台よりも上の位置からトスを上げましょう。

プロの試合を観ても、台よりも上からトスを上げているのが分かります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる