Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

【メーカー公式回答あり】卓球のラケットを水に浸ける行為のメリットとデメリット

こんにちは。ヒッシです。

今、Twitterなどを中心に、ラケットを水に浸けたり、お湯で煮たりする行為が一部で流行しています。

  • プロ選手もやっている
  • 卓球YouTuberの方がやっている
  • 数年前からやっている

こんな話を聞いて、やった方がいいのかな?と感じていませんか?

初めに結論をお伝えすると、ラケットを水に浸けたりする行為は絶対におすすめしません。

ラケットが破損する原因となります。

今回は、ラケットを水に浸けたりお湯で煮たりする行為のメリット・デメリットを解説します。

ラケットを水に浸けるメリット
  • ラケットが柔らかくなる可能性がある
  • 打球感が柔らかくなる可能性がある
ラケットを水に浸けるデメリット
  • 破損する可能性がある
  • 劣化を早めるだけ

ラケットを水に浸ける行為は、技術の向上とは一切関係がありません。

デメリットを知り、無駄な時間やお金を使わないようにしてください。

主要メーカーへの問い合わせもしました。その回答も合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次

メーカーはラケットを水に浸けることを想定をしていない

今回の記事作成にあたり、実際に効果があるのかを主要メーカーに直接電話・メールにて問い合わせをしました。

Q. ラケットを水に浸けたり、お湯で煮たりしても問題はありませんか?
  また問題がある場合、どのような問題が想定されますか?

バタフライの回答

水に浸けたりする行為は推奨しておりません。
そもそも水に浸けることを想定しておりません。
またどのような事が起こるかは、検証をしておりませんのでお答えできません。

ニッタクの回答

水に浸ける行為は推奨していません。
木が反ったり、変形する可能性があります。

VICTASの回答

ラケットをお湯につける行為や湿潤環境で保管することは推奨できません。

ラケットの製造の際、木材の水分含有量が安定するまで、乾燥や一定期間の保管を行い、木材の反り等がなくなった状態で合板しております。

合板している木材は、それぞれ木の種類も違えば、水分含有量、乾燥のタイミングもそれぞれ異なりますので、お湯に付けたり、無理に水分を含ませる行為によって、木材が反ってしまうリスク、また、合板を行っている接着も弱まるリスクがあるためです。

バタフライ様、ニッタク様には問い合わせ窓口から電話をしました。

VICTAS様にはメールで問い合わせをし、詳細に答えてくださいました。

ありがとうございます。

この回答から、どのメーカーも水に浸けることを推奨していないことがわかりました。

またメーカーのホームページでも、ラケットの保管方法として「高温多湿を避ける」(引用:VICTAS社公式HP O&A ラケットについて)と明記されています。

想定していない使用方法はラケットを破損させる原因となることを理解しておきましょう。

水に浸けたり煮たりすることで、ラケットに水分を含ませることが目的

そもそも、なぜこのような行為が流行っているのでしょうか。

その背景には、大島祐哉選手がやっているから、という情報があります。

堅いラケットに水分を吸わせることで少し柔らかくしよう、ということです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる