Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

プロフィール

こんにちは。ヒッシです。

このブログでは卓球初心者の困りごと解決のための発信をしています。

今回は僕の経歴などプロフィールについて話をしたいと思います。

このブログを作った経緯も話します。

スポンサーリンク
目次

自己紹介

京都在住の29歳です。

趣味はアニメ・漫画・ゲームです。

学生時代はひたすら卓球に打ち込みました。

あとで説明しますが、卓球は中学から始めました。

完全な初心者で、卓球部を選んだ理由は

「うちの学校の卓球部は強いらしい」

という噂を聞いたからです。

それだけです。

それまで特に運動もしてなかった僕は、ルールすら分からない状態で入部しました。

そんな僕ですが、中学で全国大会・高校で近畿大会に出場することができました。

中学時代

僕は身長が低くて、29歳になった今でも160㎝にいくかどうかです。

そんな僕なので中学時代はもっと小さくて、女子部員含めても部で一番小さかったと思います。

そんな僕ですが、中学時代で絶対誰にも負けなかったと自信を持てることが1つだけあります。

それが「大きな声を出すこと」です。

正直、センスもそこまであるわけでもなく、運動神経が抜群に良かったわけでもありませんでした。

それでも声を出すことに関しては、誰よりも大きかったと思います。

まぁこれも、今振り返るとただの根性論かな、と思います。

声が大きいだけで上手くはなれません。

でも試合では声を出すことって結構大切なことなんです。

中学生は人生経験が浅い。

感情を完璧にコントロールできる人なんてほとんどいません。

だからこそ、大きな声での鼓舞は自分自身やチームメイトにめちゃくちゃ効きます。

そのかいあってかなかってか、中学では団体戦で全国大会に出場することができました。

チームメイトの存在も非常に大きかったです。

別で解説しようと思いますが、中学校から始めて全国大会に出場するのは不可能ではありません。

もちろん簡単なことではありませんし、練習も毎日頑張りました。

ですが、初心者だから勝てない。というのは間違いです!

正しく練習し、努力すれば必ず結果はついてきます。

高校時代

高校は自宅の通学圏内で調べて公立高校に進学しました。

幸運なことに、その学校は公立高校でありながら私立高校と肩を並べる程の強豪でした。

この辺り、僕はチームメイトや指導者など周囲の環境に恵まれていると思います。

高校ではそれまでの卓球観を一新しました。

人間本来の体の使い方を学び、どう動くのが最適なのか。

そんなことを学んで卓球に活かし、練習に明け暮れる毎日でした。

高校では近畿大会までしか行けませんでしたが、悔いはありません。

ブログを始めた理由

僕がこのブログを始めたのは、2020年がコロナで大変な年になってしまったことも関係しています。

休校が続き、部活動もままならず、3年生は中学・高校最後の大会が開催されなかったと思います。

「学校の思い出は部活動」と言えるくらい部活三昧だった僕には、その時の学生の悔しさは想像もできません。

だからこそ、恵まれていた僕は、この経験を次の卓球部員に伝えたいと感じました。

ちょっとでも上手くなるコツが掴めて試合に勝てると、本当に楽しくなります。

やっぱり勝負事は勝たないと楽しくありません!

負けて得るものが沢山ある、と大人は言うでしょう。

でも僕はあえて言います。

勝たないと得られないものがある、と。

全国大会の空気、分かりますか?

異様ともいっていい空気の中でする試合がどれ程緊張するか。

地区大会の決勝。勝てば全国、負ければ終わり。そんな場面で勝った時に得るものは本当に大きいです。

その後の人生でも、僕の柱になっていると思います。

そんな経験ができる卓球はこんなに楽しいんだ、素晴らしいんだ、と1人でも多くの人に伝えたいと思いました。

まとめ

以上、プロフィールと自己紹介でした。

僕も卓球初心者でした。

最初に買ったラケットは、ショッピングモールのラバー貼りラケットです。

すぐ買い替えました。

そんな僕でも全国大会に出場することができました。

簡単なことではありませんし、色々な偶然や巡り合わせが必要かもしれません。

でも自分自身は今からでも変えられます。

自分が変われば未来を変えることができます。

今よりも上手くなりたい、強くなりたいあなたのために、発信を続けていきます。

気軽にご連絡ください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる