Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

【試合映像付き】卓球のルールを簡単解説~初心者・未経験者向け~

部活動で卓球部に興味があったり、Tリーグに興味があったりするあなた!

卓球は難しいものだと思っていませんか?

そんなあなたに向けて、卓球の基本ルールを解説していきます。

速い球が飛び交い、一見難しそうに見える卓球ですが、ルールを理解して観ればそれほど難しいスポーツではありません。

この記事を読んでもらえば、誰でも卓球のルールが分かるようになります。

ルールだけでなく、試合で使う基本のプレーも合わせて解説するので是非最後まで読んでください。

これから卓球を始めようと思う人はこちらの記事も参考にしてください。

この記事を書いた人
  • 中学生から卓球を始める
  • 中学で全国大会、高校で近畿大会に出場
  • 母校でコーチ経験もあり
スポンサーリンク
目次

【卓球の基本ルール】台を挟んでボールを打ち合う

初心者の卓くん

卓球のルールは難しそう……

ヒッシ

大丈夫!
誰にでも分かるように優しく解説していくよ!

ポイント
  • シングルスは1対1、ダブルスは2対2で行う
  • ラバーを貼ったラケットを使い、40mmのピン球を打ち合う
  • 相手コートに入ったボールが返ってこなければ得点
  • 1ゲーム11点制
  • 試合では3ゲームもしくは4ゲーム先取で勝利

卓球はピン球を打ち合うスポーツ

卓球は台をネットで半分に分け、コートを挟んでボールを打ち合うスポーツです。

卓球はシングルスは1対1ダブルスは2対2で試合を行います。

使用するのは直径40mmのピン球です。

昔、中学生ではオレンジ球も使われていましたが、現在はホワイト球で統一されています。

木のラケットにラバーというゴムのシートを貼っています。

シェークハンドラケット
ラバーはシートとスポンジに分かれています

卓球台の大きさは横152㎝×長さ274㎝×高さ76㎝です。

台の真ん中にネットが張られています。

このネットは台から15.25cmの高さに吊られ、台の両サイドのサポートで支えられています。

卓球は、ネットを挟んで向かい合い、ピン球を交互に打ち合うスポーツです。

具体的な進め方について解説していきます。

サーブから始まる

卓くん

卓球の試合はサーブから始まるんだよね?

ヒッシ

そうだよ!
出す場所が決まっていたりと、色々ルールがあるから知っておこう!

卓球はサーブからプレーが始まります。

サーブは2本ずつ交互に出します(デュースの場合を除く)

シングルスの場合、エンドラインから中に入らなければ、どこから出しても、どこへ出しても構いません。

しかしダブルスの場合は、右利きのフォア側からフォア側へ出さなければ失点となります。

その他にも

  • トスを15cm以上上げる
  • ボールとラケットが当たる瞬間を腕や体で隠さない
  • サーブを出す前は静止する

などなど、サーブに関する細かなルールがあります。

違反となるサーブもあるので、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

サーブ以降、返ってきたボールを1回で打ち返して相手コートに入れます。

回転をかけたり、コースを狙って、相手とラリーで勝負します。

11点を先に取ったら勝ち

卓くん

結局どうなったら勝ちなの?

ヒッシ

11点先取のゲームを3ゲーム(もしくは4ゲーム)取った方が勝ちになるんだ!

卓球の試合は11点で1ゲームです。

学生の試合では3ゲーム先取。全日本選手権や世界選手権など大きな大会では4ゲーム先取で勝敗を決めます。

得点方法ですが、卓球は点数を1点ずつ獲得していきます。

  • 相手が空振りする
  • 自分のコートにボールが入らない
  • 相手のルール違犯

などで得点することができます。

基本的にはラリーを制しての得点することが多いです。

一部特殊なルールが適用される場合があります。

それが試合時間が長すぎる場合に適用される「促進ルール」です。

野球の満塁ホームラン、バスケットボールの3ポイントシュートのように一度に大量得点できません

試合でよく使われる基本プレーを解説

卓くん

試合の流れは分かったけど、試合を観ても何がどうなっているのかよく分からないよ……

ヒッシ

小さなボールを目で追いかけるのに必死でよく分からないよね
ここからは試合でよく使われるプレーを解説していくよ!

フォアハンド

ラケットを持つ手(右利きなら右、左利きなら左)側に来たボールを打つ技術です。

卓球台を半分に分けて、フォアハンド側をフォアサイド、バックハンド側をバックサイドと呼ぶ場合もあります。

試合前には数回フォアハンドでラリーを行います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる