Tリーグは無料でも楽しめる!詳しく知りたい方はこちら

卓球初心者や勝てない選手に粒高ラバーをおすすめしない3つの理由

  • 練習を続けているのに試合に勝てない。
  • プレーに特徴がないと言われる。
  • バックハンドで攻撃できず悩んでいる。

そんな時にこう思いませんか?

初心者の卓くん

粒高ラバーに変えようかな……

卓球未経験・経験の少ない指導者で同じように考える方がいます。

  • シェークハンドでバックハンドが振れない選手
  • ペンホルダーでフットワークが苦手な選手
  • 攻撃の苦手な選手

このような選手が粒高ラバー(以下粒高と表現します)を選んだり、指導者側から粒高を使うショートマンを勧めることがあります。

ですが、今回は安易に粒高をおすすめしない理由を3つ解説します。

今回の記事のポイント
  • 粒高ラバーにしたところで勝てるわけではない
  • 粒高ラバーは裏ソフトラバーよりも扱いが難しい
  • 戦術の幅が広がる=選手の考えることが多くなる

僕は中学から卓球を始め、学生時代は選手として、社会人になってからはコーチとして学生への指導経験もあります。

学生時代は全国大会にも出場し、コーチとしても全国大会出場のサポートを行いました。

15年以上卓球に携わっている経験をもとに解説したいと思います。

この記事を読むことで、粒高に変えるデメリットが分かります。

粒高はハマれば凄い武器になりますが、初心者には使いやすいものではありません。

メリットだけでなく、デメリットにも目を向けましょう。

この記事は動画で観ることもできます。

時間のない方は聞き流し、更に詳しく知りたい方は記事の詳細を読んでください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる